nginxの最近のブログ記事

こんにちは、滝澤です。 1年ぶりのnginxのエントリーです。 1年前と同じくnginxの動的モジュールのお話をします。

nginx-1.9.11以降では動的モジュール(Dynamic Modules)がサポートされています。このことについては昨年の記事「nginx-1.9.11で動的モジュールをサポート」で紹介しました。

nginxの動的モジュールの機能が実装されてから約1年経ちますので、2017年2月時点での最新状況について確認してみました。 状況が進展していたので最新状況について紹介します。

動的モジュールについての概要は昨年の記事「nginx-1.9.11で動的モジュールをサポート」に書きましたので合わせて読んでいただければと思います。

なお、執筆時点(2017年2月22日)での最新バージョンはnginx-1.11.10です。

こんにちは。吉川 ( @rrreeeyyy ) です。今期オススメのアニメはリゼロです。

Nginx は設定ファイルの記述力も高い、大変便利な Web サーバです。 便利な反面、設定ファイルの複雑化や、設定に依っては意図しない挙動を引き起こしてしまうこともあります。 そこで本稿では docker 並びに infrataster を使用し、 Nginx の挙動をテストすることによって、安全に Nginx の設定を記述する方法について紹介します。

nginxの記事を書くのは久しぶりの滝澤です。

nginxにApache HTTP Serverの動的共有モジュール(Dynamic Shared Object)(DSO)のような機能が欲しいと思っていた人も多いでしょう。筆者もそうです。秘伝のタレのようなビルド用のスクリプト(実際はRPMパッケージのSPECファイル)を保守し続けるのは辛いなと思っていました。

そのような方々に朗報です。2016年2月9日にリリースされたnginx-1.9.11において動的モジュール(Dynamic Modules)がサポートされました。

しかし、Apache HTTP ServerのDSOと比べると、現時点ではまだ制約があります。 本記事ではnginx-1.9.11における動的モジュールの説明と制約について説明します。

注: 2017年2月22日にフォローアップ記事「nginxの動的モジュールの最新状況(2017年2月版)」を公開しましたのでこちらもご覧ください。

こんにちは。CTOの馬場です。

このエントリはnginxアドベントカレンダーの4日目です。

みんな大好き mod_rewrite をnginxに移植するコツをさらっと紹介します。

こんにちは。CTOの馬場です。

最近はnginxがパッケージでインストールできるようになってきたので、 いろいろなパッケージのconfigureオプションを比較してみました。

  • nginx.org公式パッケージ(stable = 1.6.0) @ CentOS6, Ubuntu14.04
  • nginx.org公式パッケージ(mainline = 1.7.3) @ CentOS6, Ubuntu14.04
  • Ubuntu公式パッケージ(1.4.6) @ Ubuntu14.04

nginxにはまだDSO機構がないので利用したいモジュールが入ったものを選ぶ必要があります。

バージョン、configureオプションをもとにパッケージを選びましょう。

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。