Nagiosとhappo-agentによるAmazon EC2 Auto Scalingの監視

與島孝忠 2018年11月 7日 10:51

カテゴリ:

こんにちは。技術開発室の與島です。

弊社で開発しているNagios NRPEの代替プロダクト happo-agentのバージョン2.0.0で、AWSのAmazon EC2 Auto Scaling(以降Auto Scalingと記す)環境での動作をサポートしました。

GitHub - heartbeatsjp/happo-agent

監視にNagiosを使っている弊社では、監視対象サーバが動的に入れ替わるAuto Scalingをどのように監視するかが課題になっていました。 これまでは担当エンジニアが監視の仕組みを独自実装することで対応していましたが、様々なお客様のシステムを運用している弊社のようなケースでは、ある環境で利用した仕組みを他の環境に横展開することが難しく、都度実装のコストがかかっている状況でした。

今回のアップデートにより、監視エージェントにhappo-agentを利用している環境であればAuto Scalingのインスタンスの入れ替わり、増減などに追従して監視が行えるようになります。

こんにちは。CTOの馬場です。

Serverspec使ってますか? ハートビーツでは使っています。

サーバ構築後などに弊社標準のスケルトンをもとにテストを作成・実行しています。

最近「弱いパスワードを利用しているユーザがいないかチェックしたい」という要望があったため、 実現するために ServerspecWeakPassword を書いて公開したので紹介します。 自分のメイン言語はPythonとGoですが、ServerspecはRubyなので素直にRubyで書きました。

              

SpamAssassinの日本語対応状況

滝澤隆史 2018年10月15日 18:00

カテゴリ:

こんにちは滝澤です。

先月(2018年9月16日)に約3年半ぶりに迷惑メールフィルターSpamAssassinの最新版(バージョン3.4.2)がリリースされました。

リリース情報が脆弱性情報とルール更新プログラム(sa-update)の署名アルゴリズムの変更と共にもたらされたため、SpamAssassinを利用している場合には最新版へのアップデートが必要になります。 しかし、以前のバージョンではSpamAssassinの日本語対応は不十分であったため、日本語対応パッチが開発されてきたという経緯があります。 そのため、本記事では最新版の日本語対応状況がどうなっているか確認しました。

目次

読了目安:[3分]

  • インフラエンジニアの魅力とは?
  • インフラエンジニアに今後求められるスキルとは?
  • 磯崎の、○くじり先生的なお話 就活_社会人
  • まとめ
  • 最後に

120名ほどの専門学生の皆さんに、インフラエンジニアの魅力や就活についてお話してきました。

ハートビーツ人事の磯崎です。

2018年9月25日(火)に開催された日本MSP協会の企画で、岩崎学園情報科学専門学校の授業の一コマをお借りして、専門学生の皆さん向けにお話をしてきました。

今回の企画は、「インフラエンジニアの魅力と今後求められるスキル」をメインテーマとしたもので、わたしは後半での参加企業紹介のプログラムでお時間をいただきました。

そこで、本ブログでは、わたし自身が感じたインフラエンジニアについての想いと、これから就活を行う皆さんへお話した、就活アドバイスについても簡単にご紹介してみようと思います。

04.png

              

社内版 ISUCON - HISUCON2018 実施しました

西村 直隆 2018年10月 4日 12:25

カテゴリ:

こんにちは、技術開発室の西村 ( @renoretriever )です。

弊社は ISUCON に参加するメンバーが多く、ぜひ結果を残していただきたく思いその前哨戦として社内版 ISUCON - HISUCON2018 を開催しました!
※ HISUCON(Heartbeats Iikanjini Speed Up Contest)
ISUCON

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。