HEARTBEATS

こんにちは。CTOの馬場です。

ハートビーツは 2019/12/8(日) に開催された July Tech Festa 2019 (以下、JTF2019 )にシルバースポンサーとして参加しました。 当日、展示ブースでクラウド・コンテナ環境に関するアンケートを実施し、大勢のみなさまのご回答いただきました。 ご協力ありがとうございました。

JTF2019ではわたしが発表の機会をいただき、ハートビーツの技術者や技術力、文化についてお話しました。

技術力とは、成長とは...... July Tech Festa2019 "「エンジニア像」を言語化し文化の礎を築く" に登壇しました #JTF2019 - インフラエンジニアway - Powered by HEARTBEATS

アンケート/結果

  • ご回答いただいた方のうち、インフラエンジニアが45%、バックエンドエンジニアが27%、その他エンジニアが13%、その他が15%でした
  • 回答数127件でした
  • 5%未満の選択肢はグラフに表記していません
  • 複数回答可の設問は合計が100%を越えることがあります

1:主に利用しているインフラ環境は?(複数回答可)

jtf2019-questionary-01.png

AWSが強いですね。 現時点では特にEC2が圧倒的です。

個人的に社屋内オンプレミスがかなり多いのは意外でした。 みなさまご苦労されていそうです。

データセンタのラック借り / AWS ECS / AWS EKS / GCP Compure Engine がほぼ同率というのも興味深いです。

2:コンテナ使ってる?

jtf2019-questionary-02.png

コンテナ利用は70%近く、コンテナという選択肢はスタンダードになったと言ってよさそうです。

3:本番環境で主に利用しているコンテナ環境は?(複数回答可)

jtf2019-questionary-03.png

Dockerが強いですが、支配的な選択肢がないのが印象的です。

Kubernetes を自前運用(EKS / GKE / AKS などではない)がいらっしゃいますね。大変そう。

4:開発環境で主に利用しているコンテナ環境は?(複数回答可)

jtf2019-questionary-04.png

開発環境ではDockerが強いですね。

AWS ECS, EKS あたりは本番環境と開発環境が両方ECS(EKS)なのかもしれませんね。 素晴らしい環境です。

5:利用しているプロビジョニングツールは?(複数回答可)

jtf2019-questionary-05.png

Ansibleが50%に迫る勢いです。 Chefの14.2%、Puppet(5%未満)と比較して圧倒的でした。

Terraformも強いです。今後AWS CDKのようなクラウド特化で使いやすいものとどう共存していくのか(あるいは淘汰されるのか)気になります。

6:利用しているプログラミング言語は?(複数回答可)

jtf2019-questionary-06.png

Pythonが圧倒的です。 インフラ系のツール類はグローバルのものはPythonが多いので、その影響かもしれません。

7:今後利用してみたい・利用していきたいプログラミング言語は?(複数回答可)

jtf2019-questionary-07.png

Goが圧倒的で、次いでPythonです。

ハートビーツではPythonとGolangを推奨プログラミング言語としており、 選定したわたしとしても納得の結果です。

おわりに

アンケート結果を通じて時代の雰囲気が感じられたことは、わたしにとって大きな収穫でした。

みなさまの今後の技術選定や学習指針の助けになれば幸いです。

株式会社ハートビーツの技術情報やイベント情報などをお届けする公式ブログです。