こんにちは。CTOの馬場です。 さる2018/1/27(土)に日本マイクロソフトさまの会場をお借りして マイグレーションコンペティション 2018 Winter を開催しました。

このイベントは日本MSP協会のうち、私が座長を務めるコンペティショングループが中心になり運営しています。 「若手運用技術者同士の交流・競争を通して日本のMSP事業者における運用技術の向上を目指す」という趣旨のもと、 MSP事業者だけでなくITに関わる若手を広く対象として開催しています。

協会の運営報告はこちらをご覧ください。 参加者・優勝者のいい笑顔の写真もあります。
=> マイグレーションコンペティション 2018 Winter 開催ログ | 日本MSP協会

優勝された方、おめでとうございます!

入賞できなかった方、残念でした。 次回またぜひチャレンジしてください。

次回は閉会式のノリで優勝賞金60万円で事務局長OKが出ているので、 優勝賞金は60万円になると思います。 あと、今まで賞金が2位までだったのを、3位まで出るようにする予定です。


協会の運営報告にも書きましたが、 前回・前々回と比較して今回は参加者のレベルが高く驚きました。

プロフェッショナルサービスの提供者としてエンドユーザや顧客に対して何をなすべきか、 そのためにどのような段取りを組むべきか、 段取りの検討のためにどのような情報を収集し前提条件を確定すべきか、 など普段自覚的にやっていればスムーズにできるし、 やっていなければ今回自覚的になれるチャンスだったと思います。

ハートビーツ社員に限って言えば、 私が書いた「移設虎の巻」という社内資料があるので、 それを参考にするとスムーズだったと思います。

大人になると、純粋に同じ条件で競い合って、負けて激しく悔しい思いをする機会はそう多くないと思います。 参加されたみなさんが嬉しい/悔しい思いを持ち帰っていただき、成長の糧としていただければ幸いです。


ちなみに 「○○というシナリオ(が正解ということでよい)でしょうか?」 という質問を受けることがありました。

本コンペティションはロールプレイなので状況を表すシナリオはありますが、 国語のテストのような特定の回答としてのなぞるべきシナリオはありませんので、 結果として「シナリオってなんのこと?」みたいなやりとりが発生していました。

運営の意を汲んでシナリオを攻略するコンテストもありますが、 本コンペティションにおいては誠実にロールプレイしていただければいい勝負ができるようにしています。

運営の舞台裏

今回も競技環境はテコラスさんに手配いただきました。

  • AWS 11アカウント(運営用1個+競技用10個)
  • Azure 11アカウント(運営用1個+競技用10個)

ログを見ていたかたは気づいたかもしれませんが、 今回は厚めに監視していました。

  • NagiosでHTTP、POP疎通・レスポンス監視
  • Azure Application Insightで世界16拠点からHTTP疎通・レスポンス監視
  • 毎分全チーム各URLのスクリーンショットを取得して一覧化

ss.png

また今回は競技時間内に状態を変化させるべく(そのほうが面白いかなと思って)、 問い合わせ・購入などの作業をしました。 ただし事前調整で「この時間帯は避けてほしい」と依頼があったチーム については、 その時間帯は避けました。

ちなみに元環境の仕込みは昨年11月から開始し、 サーバ内構築(構築スクリプト・データ投入など)をクララ宇野さんが(ほぼ独りで)、 サーバ外環境(Terraformでの展開など)をテコラス大久保さんが(ほぼ独りで)、 監視まわりを私とオルトプラス中田さんが担当しました。 会場については日本マイクロソフト高添さんが(ほぼ独りで)手配いただき、 コーヒー・ランチ・おやつ・懇親会などの一切はハートビーツ門馬さんが(ほぼ独り)で手配いただきました。 当日お手伝いいただいたみなさまもありがとうございました。 みなさまお疲れさまでした。ありがとうございました。 来年度も一緒にがんばりましょうね。

採点基準について

今回の採点基準のうち、Must要件に係るものは以下のとおりでした。

  • 時間内にDNS設定変更を実施した
  • HTTPで、wwwサブドメインの/、ecサブドメインの/、ecサブドメインの/html/、ecサブドメインの管理画面にアクセスし画面が正常に表示可能
  • 商品閲覧、購入が可能で、管理画面で購入が確認できる
  • wwwドメインのメールフォームが利用可能
  • ecサブドメインのメールフォームが利用可能
  • POP接続でメール利用可能
  • 移行時のテストデータが予期せぬ形で残っていない
  • 作業時に、事前と事後に顧客と適切なコミュニケーションをとった
  • 時間内にドキュメントを提示した
  • ドキュメント記載の情報でログインできた

今回DNS切り替えまで実施できたのは7チームでした。 惜しかった例としては、

  • 手順の段階ではwwwとecをDNS設定変更することになっていたのに、依頼の段階でecだけを依頼したチームがあった
  • DNSを切り替えたらCentOSのApacheのデフォルト画面が出た

タイムマネジメントも重要です。 ドキュメントの提示がないチームもありましたが、 ドキュメント提示が微妙に間に合わなかったチームもありました。

個別のフィードバックがほしい場合、 競技チャットのチームチャンネルで仰っていただければ 可能な範囲でフィードバックします。

ただしもう競技環境は閉じてしまったので裏とりはできませんし、 いまから誤判定があったとしても結果の変更はしませんのでご承知おきください。

参加されたかたにお願い

競技チャットでもお知らせしましたがよろしくお願いします!

  1. blogを書いた/見つけたかたがいたら教えてください!
  2. 運営メンバー募集

運営メンバーは年齢不問! ただし日本MSP協会の会員企業所属の、開催日に30歳以下の方(要は参加資格がある方)は、 日本MSP協会から個人に対してお礼が数万円出る予定です! (ただし優勝賞金よりは安い)


次年度も開催予定なので、引き続きよろしくお願いします!!!

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。