株式会社ハートビーツの執行役員に就任しました

こんにちは。高村(@nari_ex)です。

本日、2017/12/01 付けでハートビーツの執行役員に就任しました。これまでは1チームのマネージャーとしてMSP事業を支えてきましたが、これからはハートビーツの大黒柱である馬場(@netmarkjp)に代わってグループ全体を牽引することで、より一層ハートビーツにコミットしていきます。組織の規模が拡大していくタイミングでこの役割を担うことはよい機会と捉え、全力で取り組んでいこうと思います。

※ CTO は馬場が継続します。わたしは VPoE(VP of Engineering)的な立ち回りをする感じです。

わたしがハートビーツに入ってから丸8年が経ちました。お恥ずかしながら、入社当時はITに関する知識がほとんどなく、タイピングも満足にできませんでした。社内研修中、はじめてSSH接続に成功したときに大喜びをしていたことがつい昨日のように思い出されます。

そんなわたしもハートビーツという技術者集団に身を投じ、数多くの障害対応や顧客対応を経験することで、インフラエンジニアとしての素養を身に付けることができました。また、プライベートでも技術の世界にのめり込んでいました。プライベートで触る技術についてもきっかけはいつもMSPの現場だったのでハートビーツの先輩方とコーナーケースを踏み抜いた障害には今でも感謝しています。

技術に夢中になる一方で、組織マネジメントに関する活動も積極的に行ってきました。わたしは昔から仲間と一緒になにか1つの目標に向かってがんばることが好きであり、組織マネジメントにも興味がありました。そのため、たとえば社内育成の強化のために社内の研修制度を一から再構築したり、よりよい文化の醸成のために全ての部署を巻き込んでWAY(大切にしたいこと、価値観など)開発プロジェクトを取りまとめたりという活動も能動的に行っていました。「よい組織づくりをする」というのが会社関係なくわたしの志です。

わたしは、ハートビーツの技術に対する真摯な姿勢と自由な社風に惹かれて入社をしました。この姿勢や雰囲気は今も変わっていませんし、これから先も大切にしたい文化です。事業・組織を拡大させて、なおかつ、組織文化を保ち続けることは容易ではありませんが、これも1つのエンジニアリングと捉え、MBAを学ぶ中で得た組織マネジメントの技術など(HRM: Human Resource Management や OB: Organizational Behavior など)を用いることでアプローチをしたいと考えています。そして、組織が大きく変化する中であっても、ハートビーツのみんなが楽しくエンジニアリングができる環境をつくることで、ハートビーツがより本質的な価値を生み出し、さらに成長していければと思っています。

これからのハートビーツにどうぞご期待ください。今後ともよろしくお願いします。

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。