こんにちは。CTOの馬場です。

いままでFluentdを活用していましたが、 諸事情で Zero dependenciesメモリ利用量がFluentdの約1/100 を謳うFluent Bitに惹かれました。

Fluentd & Fluent Bit - Fluent Bit: Official Manual

これまた諸事情でCentOS6で使いたいと思ったものの、 公式リポジトリはCentOS6に非対応なので自前でビルドしました。

CentOS6でビルドする方法・事例が見当たらなかったので紹介します。

ポイントは、cmake 3.x と bison 3.x を利用することです。

# build requirements
yum -y install epel-release
yum -y install git cmake3 zlib-devel
yum -y groupinstall "Development Tools"

# bison
cd
curl http://ftp.gnu.org/gnu/bison/bison-3.4.2.tar.gz | tar zxf -
cd bison-3.4.2
./configure --prefix=/opt/bison-3.4.2 && make -j 4 && make install

# fluent-bit
cd
git clone https://github.com/fluent/fluent-bit
cd fluent-bit/build
git checkout v1.3.2
PATH=/opt/bison-3.4.2/bin:$PATH cmake3 -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/fluent-bit/fluent-bit-1.3.2 ..
make -j 4
make install

docker run --rm -it -v $(pwd):/mnt centos:6 bash みたいな感じでDockerを使うと簡単にビルド環境も手に入ります。 もし凄く古いCentOS6を使っているであれば yum update nss も必要かもしれません。

わたしのように諸事情ある方は是非お試しください。

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。