unboundをrpmでインストール

こんにちは。CTOの馬場です。

今回もインフラエンジニア向けにちょっとした情報を紹介します。

今回は・・・本当にちょっとしたネタです。。。
unboundをrpmでインストールする方法をご紹介します。

unbound、いいですよね。楽で。
DNS RR非対応な点以外は、とてもイイ!

CentOS 5.5 64bitでやってみてます。


sudo yum -y install openssl-devel flex libevent-devel rpm-build gcc expect

wget http://www.unbound.net/downloads/unbound-1.4.6.tar.gz
sudo cp unbound-1.4.6.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/.
tar zxf unbound-1.4.6.tar.gz
perl -pi -e 's/^Version:.*/Version: 1.4.6/' unbound-1.4.6/contrib/unbound.spec
perl -pi -e 's/^%configure (.*)/%configure $1 --with-libevent/' unbound-1.4.6/contrib/unbound.spec
sudo rpmbuild -ba unbound-1.4.6/contrib/unbound.spec
sudo rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/unbound-1.4.6-1.x86_64.rpm

sudoがNOPASSWDなら、切って貼るだけ。すばらしい!

(間違ってたら教えてください)

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。