HEARTBEATS

こんにちは。CTOの馬場です。 今回もインフラエンジニア向けにちょっとした情報を紹介します。

今回はコマンドラインの操作を10倍速くして、コマンドラインを楽しくTipsをご紹介します。
もちろん独断と偏見で選んでいます。
これから挙げる5つのコマンドを覚えるだけで、コマンドライン操作は10倍(当社比)速くなります!
この5つを使っていない人が周りにいたら、ぜひ教えてあげましょう!

諸注意

  • ショートカットキー表記の+は同時押しの意味です。
  • bashで動作確認しています

前のコマンド:またはCtrl+p

コマンドラインでまたはCtrl+pを押すと、直前に実行したコマンドを呼び出すことができます。

baba@dynass:/$

この状態でコマンドラインでまたはCtrl+pをタイプすると・・・

baba@dynass:/$ tail /var/log/messages

直前に実行したコマンドが表示されます。
この状態で更にまたはCtrl+pをタイプすると・・・

baba@dynass:/$ cat /etc/resolv.conf

さらにその前のコマンドが表示されます。

  • 何度も同じコマンドを入力するとき、前のコマンドを少し修正して使いたいときにとても便利です
  • 後述の行頭移動や行末移動と合わせて利用するとすばらしい!

補完:TAB

コマンド名、パスは、ちょっと打ってTABキーをタイプすると補完できます。

  1. 入力ミスがなくなる
  2. タイプ数が少なくなる

という2つの利点があるのでぜひ常用してください。

baba@dynass:/$ ls /u

この状態でTABをタイプすると・・・

baba@dynass:/$ ls /usr/

こうなります。

ちなみに、候補が複数ある場合、TABキーを2回タイプすると候補が表示されます。

baba@dynass:/$ ls /m

この状態でTABを2回タイプすると・・・

baba@dynass:/$ ls /m
media/ mnt/   

こうなります。

履歴探索:Ctrl+r

コマンドラインで実行した履歴を一瞬で探索できます。
コレを覚えると操作が冗談ではなく10倍速くなります!

baba@dynass:/$ 

この状態でCtrl+rと打つと・・・

baba@dynass:/$ 
(reverse-i-search)`': 

履歴探索モードに入ります。
このまま、実行したコマンドラインの一部をタイプすると・・・
(今回はtaとタイプしました)

(reverse-i-search)`ta': tail -f /var/log/cron

一番近い履歴が表示されます。 この状態で更にCtrl+rをタイプすると・・・

(reverse-i-search)`ta': tail -f /var/log/messages

遡って探索してくれます。
この状態でTABをタイプすると、コマンドラインに過去のコマンドが入力された状態になります。

baba@dynass:/$ tail -f /var/log/messages

そうしたらEnterをタイプして実行しましょう。

設定ファイル編集→デーモンの再起動→ログ確認 などを繰り返す場合、この履歴探索を使うと操作が圧倒的に速くなります。

  • このCtrl+rと、次のCtrl+aCtrl+eを組み合わせると更にコマンドライン操作が楽になりますよ!
  • うまく探索できなかった、遡りすぎてしまった場合には、Ctrl+cでいったんリセットしましょう

カーソル移動:Ctrl+a, Ctrl+e

  • Ctrl+a:カーソルを行頭に移動する(Homeキーと同じ)
  • Ctrl+e:カーソルを行末に移動する(Endキーと同じ)

履歴探索結果からスタートしてみましょう。

(reverse-i-search)`ta': tail -f /var/log/messages

この状態で、Ctrl+eをタイプすると・・・

baba@dynass:/$ tail -f /var/log/messages

カーソルが行末に移動します。
そのままパイプしてgrepにつなげたりできます。便利!

baba@dynass:/$ tail -f /var/log/messages | grep kernel

行頭移動を使うと、同じファイルに対して利用するコマンドを簡単に変更できます。
ぜひ利用してください!

株式会社ハートビーツの技術情報やイベント情報などをお届けする公式ブログです。