hbstudy #80

第80回: GPUでPostgreSQLを速くする「PG-Strom」

ネタ

  • SSD/GPUがPostgreSQLを加速する。~PG-Stromでハードウェア限界に迫る性能を引き出す~

    • GPUやNVMe-SSDといった新しい世代のハードウェアにより、一昔前には考えられなかった水準の処理能力をリーズナブルな価格で手に入れる事が可能となってきました。しかし、これらのデバイスの能力を最大限に発揮するには、それを利用するソフトウェアもまた適切なアーキテクチャで設計されている事が必要です。今回のHBstudy#80では、主にバッチ処理やBI/DWH系のSQLワークロードをターゲットに、PostgreSQLの拡張モジュールであるPG-Stromを用いてGPUとNVMe-SSDの能力をフル活用して処理する新しいアプローチについてご紹介します。
  • 【主な内容】

    • SSD-to-GPUダイレクトSQL実行
    • Star Schema Benchmarkによるベンチマーク
    • PG-Stromを支える要素技術について
    • 想定利用シーン
    • ハードウェア限界を越えて
  • スピーカー:

※登壇者や内容については当日までに若干の変更が有る場合があります。
※随時更新します!

概要

  • 日時: 2017/12/20(水)
    • 18:45 : 開場/受付開始(※開場より早めに来られた方、イスの設営にご協力をお願いします...!)
    • 19:15 : 開始
  • 会場: ハロー貸会議室 新宿 会議室C (東京都新宿区西新宿1丁目5-11 新宿三葉ビル6F)
  • 参加費: 1,000円(会場費に充てさせていただきます)
    • 今回も学生無料! (受付で学生証を見せてください)
    • お釣りがでないようにご準備いただけると幸いです
  • 注意事項
    • 今回、領収証発行の対応はいたしません。 ご了承ください。
    • 場合によっては立ち見となる可能性がございます。 予めご了承ください。

※Twitterで @hbstudy をフォローしてください!
 公式ハッシュタグ→ #hbstudy

勉強会の動画配信

hbstudy では、勉強会の様子を毎回 YouTube Live でライブ配信しています。
アーカイブ(録画)も公開予定ですので、当日ご都合の悪い方は是非ご利用ください。

受付について

「受付票」をご提示ください

受付の際は、connpassの受付票をご提示ください。
受付票は、connpassのイベントページの「受付票を見る」ボタンから表示できます。

【スマホなどの画面で提示】 するか 【印刷したものをご提示】 をお願いします。

※以前より実施している「名札」のご用意は、今回ございません。
 必要な場合、参加者各自にてご用意ください。

領収証について

領収証発行の対応はいたしません。予めご了承ください。 ご不便おかけしますが、よろしくお願いします。

時間に遅れた場合

遅刻した!入り口が閉まっている!という方はTwitterで #hbstudy でヘルプミーしてください!
誰かが迎えにいけるかもしれません。

その他

懇親会: 新宿近辺のお店

参加登録

この記事について

このページは、藤崎正範が2017年12月 4日 13:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「hbstudy#79」です。

次の記事は「 hbstudy #81」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • SRE (2)
  • Apache
  • Azure
  • BIND 10
  • DNS
  • Elasticsearch
  • Fabric
  • GCP
  • Golang
  • Kibana
  • Kubernetes (1)
  • Linux (1)
  • MySQL
  • Python
  • cacti
  • docker
  • nginx
  • イベント
  • 仕事術
  • 学術論文
  • 書籍感想
  • 監視 (1)
  • 自動化
Powered by Movable Type 6.2.6