監視の最近のブログ記事

こんにちは。CTOの馬場です。

弊社で開発/利用しているNagios NRPEの代替プロダクト happo-agent の 1.0.0 を公開しました。 初のメジャーバージョンです。

ハートビーツではPythonとGolangを推奨プログラミング言語としています。 happo-agentではデプロイメントの利便性を考慮してGolangを採用しました。

このhappo-agentは、インベントリ管理・Nagios設定生成・運用ドキュメント生成などの一連の仕組み happo の一部です。 happo-agentはGolangですが、他の部分はGolangだったりPythonだったりで書いています。

こんにちはCTOの馬場です。

弊社では業種柄、サーバごとのCPU利用率などたくさんの時系列メトリックデータを持っています。 以前はこの収集・閲覧にcactiを利用していましたが、最近はgrafana + graphiteを利用しています。 (ちなみにこれらは全て自社製OSS監視エージェントのhappo経由で収集されます)

今回はこのデータの活用例として弊社で実装している解析・レポーティングについて簡単に紹介します。

こんにちはCTOの馬場です。 今回は弊社で実際に運用している『ちょっと珍しい監視項目』を紹介します。

こんにちは、滝澤です。

みなさん、提供しているサービスの外形監視を行っていますか。 DNSレコードの変更ミスやドメイン名の失効などを起因とする障害に早く気づけるようになっていますか。

ということで、今回は外形監視におけるフルリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)のキャッシュ保持期間について考えてみます。

その昔hbstudyで @kazuho さんは言いました

「監視は継続的なテストである」

というわけでこんにちはCTOの馬場です。 今回は弊社で実際に適用しているテストケースを紹介します。

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。