人事の最近のブログ記事

目次

読了目安:[3分]

  • インフラエンジニアの魅力とは?
  • インフラエンジニアに今後求められるスキルとは?
  • 磯崎の、○くじり先生的なお話 就活_社会人
  • まとめ
  • 最後に

120名ほどの専門学生の皆さんに、インフラエンジニアの魅力や就活についてお話してきました。

ハートビーツ人事の磯崎です。

2018年9月25日(火)に開催された日本MSP協会の企画で、岩崎学園情報科学専門学校の授業の一コマをお借りして、専門学生の皆さん向けにお話をしてきました。

今回の企画は、「インフラエンジニアの魅力と今後求められるスキル」をメインテーマとしたもので、わたしは後半での参加企業紹介のプログラムでお時間をいただきました。

そこで、本ブログでは、わたし自身が感じたインフラエンジニアについての想いと、これから就活を行う皆さんへお話した、就活アドバイスについても簡単にご紹介してみようと思います。

04.png

              

トイレ待ち行列の解消について

前川和也 2018年9月28日 19:55

カテゴリ:

こんにちは。ハートビーツの管理部門担当の前川です

業務利用PCを新しくMacBookProに変更したところTouchbarの有益な利用方法が迷子です(近況)

男性比率が高い(85%)私達のような組織は男性トイレに負荷が集中して適切なロードバランスができなくなってきます...

そのため

・トイレに行ったら全部利用中でしかたなく席に戻る
・そろそろ空いたかな?と思ってトイレにいったらまた埋まってる
・ツラみしかない...

みたいなことになりがちです

そこで今回は
『トイレ空いてなくてつらい→解消したい→でもトイレ増やすの無理じゃね?→既存トイレをうまいこと使うしか無い...!』
的な発想で行ったトイレ待ち行列の解消策について書きました

_c_choju7_0026_s512_choju7_0026_2.png

              

株式会社ハートビーツの取締役に就任しました

takamura 2018年6月 8日 12:29

カテゴリ:

こんにちは。高村(@nari_ex)です。

2018/06/01 付けでハートビーツの取締役 VPoE(VP of Engineering) に就任しました。執行役員から取締役になることで、会社に対する影響力と責任がより一層大きいものになりますが、急がず焦らず等身大の自分と向き合いながら、自分にできることをひとつずつ着実に進めていこうと思います。

価値観が多様化する中でも継続的にお客様へ価値を届けるためには、自社の強みである「技術に真摯なところ」、「お客様に寄り添って課題解決ができるところ」をさらに高めていく必要があります。この強みを支えているのは一緒に働く仲間が快適にはたらくことのできる環境です。社員数が70人を超えて組織構造が大きく変化している真っ最中ではありますが、VPoE(VP of Engineering)としてエンジニア組織のパフォーマンスを最大化するという目標に向けて全力を尽くしていきます。

これからのハートビーツにどうぞご期待ください。今後ともよろしくお願いします。

              

組織が50人超えるためにやったこと 〜研修〜

前川和也 2018年2月 8日 22:00

カテゴリ:

こんにちは。ハートビーツの管理部門を担当してます前川です

席が窓際なので気温の低下が更に身に沁みます(近況)

ハートビーツは5名のメンバーでスタートした会社で、 何度も組織やいろんな壁にぶつかりながらなんとか70名規模までやってきました

今回は組織が大きくなるために行った研修内容とその失敗例について

_c_choju20_0023_s512_choju20_0023_1.png

              

株式会社ハートビーツの執行役員に就任しました

takamura 2017年12月 1日 09:39

カテゴリ:

こんにちは。高村(@nari_ex)です。

本日、2017/12/01 付けでハートビーツの執行役員に就任しました。これまでは1チームのマネージャーとしてMSP事業を支えてきましたが、これからはハートビーツの大黒柱である馬場(@netmarkjp)に代わってグループ全体を牽引することで、より一層ハートビーツにコミットしていきます。組織の規模が拡大していくタイミングでこの役割を担うことはよい機会と捉え、全力で取り組んでいこうと思います。

※ CTO は馬場が継続します。わたしは VPoE(VP of Engineering)的な立ち回りをする感じです。

株式会社ハートビーツのインフラエンジニアから、ちょっとした情報をお届けします。